これからの不動産広告、住宅広告のデザインは、
インターネットと印刷媒体を繋ぐ糸であるべきです。

ネット空間とリアル空間が交差する情報社会。不動産広告住宅広告は購入者の情報取得方法の変化に伴い従来のやり方を変えつつあります。これからの不動産広告住宅広告はネット施策と広告媒体のそれぞれの媒体特性を活かしさらに双方をつなぎ、連動させる媒体活用が重要となります。ネットと広告媒体。告知手法として両者は 同じではありません。当然そのアプローチは大きく異なります。私たちの提案する不動産広告住宅広告は、それぞれの特性ごとに異なるアプローチを採用しつつ統一したサイン計画によりより有効な販売 促進を実施します。また、ニッチメディアに対してもアンテナをはり、注目されるエリアマーケティングや行動マーケティングも積極的にご提案いたします。これからの広告デザインに必要な新しい手法を開発してゆきます。

ウェブ媒体と印刷媒体