TOPDIRECTION/いろどりの丘・大宮西◀BackNext▶

いろどりの丘・大宮西

ロゴ

住宅販売にファンタジーの力を!
絵本による土地の記憶づくり!?

住宅地にはその場所固有の歴史があって、その歴史や需要の在り方がその場所の価値を形成するのが日本の不動産事情です。建築家もいわゆる「土地の記憶」を読み取り、その地に相応しい建物をデザインします。 しかし、それまで住宅地として「土地の記憶」らしきものが見当たらない場所もたくさんあります。何十年も休眠地としてほっておかれた場所に住宅ができるなど東京近県ではざらにあります。そんな場所に住宅地が造成され、建売住宅として現地見学会など開催すると、若い子育てファミリーなど大勢見に来ます。もちろん、求め安さが選択基準の大きなウエイトを締めるのがこの層ですから、土地格になどこだわりはありませんが、それでもやはり、なにかしら土地の品格において決め手を欠くのは魅力が薄れるというものです。そこで、販売ツールとして、このここで育つ子供たちに購入した親たちが聞かせてあげられる「土地の神話」のようなものを用意してあげようというのが企画の骨子です。具体的にはその住宅地をイメージしたファンタジー絵本を購入者にプレゼントしました。予算の都合上、広告ツールはすくないのですが、キャラクターショーや各種イベントの現地見学会で若いファミリーを沢山集めたようです。ちなみに絵本の編集はスタッフのデザイナー。ストーリーと文章は私が作成し、イラストはイラストレーターの相田智恵子さんにお願いしました。楽しい作業でした。商品名と同じ名前の絵本のキャラクターたちはやがて、クライアントに絵柄ごとそっくり買い取られましたが、その後、彼らが活躍するところは見た事がありません。そんなもんでしょう。アハハ。

絵本
プレゼント用絵本

折込チラシ
B3折込チラシ

パンフレット
パンフレット